琉球と沖縄

「今帰仁と周辺の地理」の記事一覧

いまきじん?なきじん?
「今帰仁」をはじめて見て、なきじんと読む方はいらっしゃらないでしょう。いくら考えても、いまきじんですね。なきじんは「みゃきせん」と呼ばれた「今帰仁」は、「なきじん」と読みます。実は、もっと昔、琉球の時...
琉球の今帰仁と北山
琉球時代の今帰仁は「北山」と呼ばれていました。ホクザンは北の小国家を意味するもので、北山王が治める国でした。今の2倍あった今帰仁世界一の規模をほこる美ら海水族館は、今帰仁城から15分で行けるところにあ...
今帰仁の自然と観光
現在の今帰仁は、沖縄に住んでいる人にとっても、自然に触れて癒されるところです。週末には、観光のお客さまばかりでなく、沖縄県民が訪れます。豊かな自然今帰仁は、人口1万人程度の純農村です。行政上の今帰仁村...
5年に1度の聖地巡拝
「今帰仁上り」と呼ばれる聖地巡拝は、1800年代、琉球王国から続く行事です。「今帰仁上り」は、「なきじんぬぶい」と読みます。門中と呼ばれる人々が5年に一度今帰仁城を訪れ、周辺の拝所など、合計20箇所も...